虫歯(むし歯)・歯周病・インプラント・根管治療・入れ歯

虫歯(むし歯)・歯周病・インプラント・根管治療・入れ歯

虫歯(むし歯)の治療

良い虫歯治療を行うには虫歯の状態が見える環境下で治療することが第一前提です。当院では虫歯治療、根の治療、かぶせもの治療を行う時にルーペ(拡大鏡)を用います。

前歯の裏側や奥歯の治療は歯科用ミラー(小さい鏡)を使わないと治療部位が見えないことが多々あります。ミラーは小さいですし奥になると光が届かないため肉眼では大まかな視野しか得られません。高照度のライトとルーペがないと見える環境下での治療は難しくなります。また見る場所によっては見た目と動きが逆になる場合があり訓練が必要です。虫歯を取り残して詰めてしまうと詰め物の下で虫歯が進んでしまうことがあります。できる限り取り残さないようにして再治療せずに済むよう、サージテルの拡大鏡と治療技術を駆使して精密治療を行っております。


根の治療(根管治療)

根の治療には、細菌感染を起こしている 生きている神経を取る治療か、すでに神経を取って治療が終わっている根の先に病気ができた歯の再治療かによって治療法が変わります。根の治療は歯科治療の中でもトップレベルに難しい治療なのですが、再治療は更に難易度が上がります。日本の保険内での根の治療は外国に比べとても遅れています。それはずっと前からほとんど変わっていない日本の保険の根の治療費に原因があります。成功率が高い根の治療をするためには、マイクロスコープやその他の道具、材料、消耗品等大きな設備投資が必要ですので保険の費用では治療を行うことができないのです。根の病気で起こる腫れや痛み等の症状は保険治療でも止めれる可能性は高いです。しかし再発の確率は保険外治療より高くなる可能性があります。再発はすぐ起きることもあれば、かなり時間が経って起こることもあります。時間が経過して起きた時には歯自体が弱ってもろくなっていたり、もしくは細菌感染量が多く、その後の経過が悪くなり何度も再治療を繰り返すことになるかもしれません。その影響により場合によっては歯を残せないかもしれません。もちろん保険外の治療も100%ではありません。しかし少しでも治療の成功率をあげたい、歯の寿命を延ばしたいというお気持ちが強ければ保険外の根の治療をお勧めします。当医院のマイクロスコープにはカメラが付いておりますので画像をお見せしながら治療経過を説明致します。


入れ歯治療

治療用義歯のための、コンプリートデンチャーコース終了。(自費治療の入れ歯です)

入れ歯の作成にあたり重要な過程はまず型取りです。型取りが上手くいかなければ、その後の入れ歯治療を成功させるのが非常に困難になります。歯ぐきの形や高さ、粘膜の厚みにはかなりの個人差があります。歯ぐきがやせてしまっていればいるほど入れ歯作成の難易度が上がります。保険外の入れ歯と比べると保険の入れ歯は作成法に制限がありますので快適な入れ歯作成はかなり難しくなってしまします。その中でできるの限り工夫をさせていただき作成をしておりますので、調整に時間がかかりますが最終的には使用できる状態になることがほとんどです。もし調整が少なめで快適で長期間使用できる可能性が高い入れ歯をご希望の方は、保険外の入れ歯(金属床)をお勧めしております。オーダーメイドの型枠を作成し、型取りの材料も入れ歯専用の材料を使用します。また、保険の入れ歯の難点である強度不足により使用中に割れたり、落とした時に割れたりする危険性が少なくなります。また強度が高いことによりねじれが少ないため使用時の歯ぐきの痛みや歯ぐきの吸収が少なくなります。治療用の仮の入れ歯を作成して使用していたきながら歯ぐきの型取りをする、パイロットデンチャー(治療用義歯)という手法もございます。これらにご興味がありましたら詳しくご説明させていただきます。ご相談ください。


インプラントでの治療

インプラントの構造


インプラント治療の流れ


インプラント治療期間について

処置予定部位が歯を抜いてから時間が経過している場合はすぐに処置が開始できますのでインプラント処置後平均約4カ月でかぶせものを装着することができます。歯を抜くことから始める場合、まず抜いた部位の骨ができるまで3~4カ月待ちます。その後インプラント処置を行い、平均4カ月待ちます。双方とも骨が軟らかければ6カ月ほど待つ場合もあります。